INTERVIEW

image photo

藤沢文化の中心地、その魅力と可能性。それは、藤沢を知る人ほど価値が分かる場所。

  • 阪急阪神不動産株式会社住宅事業本部首都圏マンション事業部 河野 哲
    阪急阪神不動産株式会社
    住宅事業本部 首都圏マンション事業部
    河野 哲
  • 相鉄不動産株式会社開発営業部開発営業センター 藤田 知覚
    相鉄不動産株式会社
    開発営業部 開発営業センター
    藤田 知覚
  • 東京建物株式会社<br住宅事業部 事業推進グループ 山東 茂軒
    東京建物株式会社
    住宅事業部 事業推進グループ
    山東 茂軒
  • 藤沢地域情報誌フジマニ編集長 三浦 悠介
    藤沢地域情報誌 フジマニ
    編集長
    三浦 悠介

    デザイン会社を経営していたお父様が東急ハンズ一号店の広告クリエイティブに携わっていた関係で、幼いころより東急ハンズが身近な存在だった三浦さん。2003年には「地域情報誌フジマニ」を発行。地元商店や施設の取材・広告制作に携わり続け、藤沢の歴史や現在の状況、将来に対しても深い見識をお持ちです。

  • 着物屋「からこ」女将 木下 浩子
    着物屋「からこ」
    女将
    木下 浩子

    着物好きが高じて呉服店に勤務。2000年には鵠沼石上の地に「きもの処からこ」を開業。2005年より鵠沼橘の地で、着物販売、着物レンタル、着付け、着物のスタイリングやヘアメイクなどのサービスを展開。ご自身は藤沢プラザ(旧東急プラザ)のご近所に住まわれており、本プロジェクト周辺の環境も熟知されています。

  • 住宅・不動産ジャーナリスト 目黒 孝一
    住宅・不動産ジャーナリスト
    目黒 孝一

    不動産経済研究所常務取締役を経て、住宅・不動産ジャーナリストに。不動産マーケティングのエキスパートとして、多数のメディアに記事を掲載。

旧東急プラザ跡地マンションプロジェクト、その可能性、その暮らし。

藤田
キーワードになっている「つながり」。私も最初にこの土地を出逢ったときに「つながり」という言葉が思い浮かびました。山と海の中間にあり、東には鎌倉、西には茅ケ崎。そのすべての中心と言える場所。しかも、そのすべてとフラットにつながることができる場所。だからこそ、歴史も文化も奥深く、いろいろなことを受け入れられる度量もある場所。この場所には、ここでしかできない、こだわりのある住まいづくりをしなければいけないと強く感じました。また、そういうこだわりを受け入れ、面白がってくれるはずだとも感じました。
木下
私もずっとこの近くに住んでいますが、エリア的にとても人気のある場所です。今回のマンション計画も、「マンションができるかも」といううわさが出た時から、私も周りの友人たちもずっと注目していました。
山東
初めて、この土地を知った時の率直な印象は「ポテンシャルが高い」ということにつきます。私たちの仕事は、土地のポテンシャルを引き出し、最大化することだと考えています。そして、大抵の土地は、そのポテンシャルが顕在化していないので、見えていない状態のポテンシャルをどう顕在化させるかにいつも頭を悩ませています。でも、ここは違います。すでにポテンシャルが顕在化している、一目見るだけで、私自身も「ここに住みたい」と思うような、そんな場所です。
木下
いま、藤沢にはいろんなマンションがつくられています。私はその中でもここが一番だと思っています。たとえば、駅から7分とのことですが、実は帰り道がすごく安心感のある通りです。これは女性が生活するうえでとても大切なポイントです。
藤田
駅前というのは、どうしてもごちゃごちゃとします。栄えている街であればあるほどそうです。だから私たちも駅から住まいへのルートにはとても気を遣いますし、なるべく安心なルートを見つけてご案内するようにしています。この立地は、駅から表通りをたどれば安心できるルートですので、非常に安心して暮らしていただける場所だと思います。
三浦
安心でいて、やはり街の中心地だからとても便利です。しかも、このマンションからであれば、江の島も海も花火大会も富士山も見えます。藤沢に暮らすうえで手に入れたいことが全部そろっているような、そんなマンションになるのではないでしょうか。
山東
マンションの計画地は、文化の発信拠点である一方、生活拠点としても利便施設がコンパクトな範囲に集まる場所。そして、高い都市機能を備えていながら、豊かな自然環境もあり、周辺は開放的な雰囲気にあふれています。マンションの作り手としては、奇跡の出会いと言えるくらい、素晴らしい場所だと感じています。
河野
ここは、藤沢人にとって本当に特別な場所。そして、私にとっても生まれ育った、思い出のたくさん詰まっている場所。小学校も中学校も同じ通学区、学生時代にはイトーヨーカドーでアルバイトをさせていただいたりと青春時代は本当にお世話になった街でした。まさに青春時代を過ごした場所。「ぜひ、いいマンションを作りたい」素直に心から思える場所です。また、鵠沼東は、藤沢で暮らすうえで、本当に豊かな暮らしができる場所だと思っています。藤沢人の一人として、この場所にふさわしい住まいをしっかりと創り上げたいですね。
藤田
マンションとしては、開放感の高い江の島向き、駅前の華やぎを感じられるイトーヨーカドー向きの二つの住棟をプランニングしています。特に江の島向きの住棟については、エリア最高層の19階建てとなります。そのメリットを住まうすべての方に享受していただけるよう、屋上にスカイテラスをご用意しました。ここに暮らす喜びをみなさんに思い切り味わっていただきたいと思っています。
三浦
奥田公園や藤沢市民会館がすぐ目の前というのも、非常に魅力的ですよね。市民会館では、生涯学習をテーマに、楽器やエクササイズなどはもちろん、「哲学を楽しむ」というちょっと変わった活動も行われています。奥田公園は、よく撮影ロケでも使わせていただく非常に絵になる風景が広がっています。このマンションなら、余暇がとても充実すると思います。
目黒
働き方改革という言葉もありますが、仕事の仕方が変化していく中で、これからは余暇をどう過ごすかが大切になると思います。その意味では、今回のマンション計画は、これからの私たちの生き方に非常にマッチした場所と言えるのではないでしょうか。
藤田
余暇を楽しむという意味では、自転車関係にも力を入れています。通常のマンション計画ですと、駐輪場は屋外に設けるのですが、今回は屋根のある1階部分にレイアウトしました。さらに、自転車を洗える水場や、メンテナンスコーナーもご用意しています。
三浦
藤沢は潮風があるので、自転車を使う方には非常にうれしい配慮ですね。実は「自転車サイズの街」として藤沢を特集したことがあります。奥深く藤沢を楽しむには自転車が一番適していると思います。今回のマンションからですと、江の島まで行って帰ってくるとちょうどいいサイクリングになりますし、南も北も、隠れた名店やスポットなど街の隅々も、しっかりと楽しむことができるのではないでしょうか。
木下
ここは女性には特に暮らしやすい場所だと思います。先ほども話にありましたが、駅からのルートは明るくて歩きやすいですし、お買い物先にも困ることはありません。街も自然も海も、全部が仲間になるような藤沢ライフを思い切り楽しんでいただきたいです。
目黒
駅徒歩7分。ほど良い距離感だからこそ得られる生活価値をしっかり備えたマンションだと思います。公園や商業、文化や歴史を肌で感じられる場所。いわば暮らしに奥行きを与えてくれるような―。住みごたえのある場所と言えばいいでしょうか。非常に得難い価値を実現したマンションです。
  • BACK 藤沢文化の中心地として発展した、旧東急プラザ周辺。